オーガニック野菜の良さ

オーガニックや有機農法と言う言葉を聞いたことがりませんか。
オーガニックとも呼ばれています。


無農薬で化学肥料を使わない野菜やハーブ作りの事です。



オーガニック野菜は少し普通の野菜より高いですが、やはり農薬や化学肥料を使用しない土壌で作られた野菜の方が体には安全ですね。



原産地表示や生産者の表示がされているので、安心して購入もできます。

宅配会社も多く、注文して贈ってもらう方法があります。初めての方にはお試し価格のセットがありますので、気に行ったら続けて購入もできます。


オーガニックの特徴としては、ベジタブル嫌いの子供でも食べてくれる様な、美味しい安心できる物です。日本では、定義づけとしまして有機JASと言うマークがある製品が基準を所得した農家の野菜のマークになっています。
かなり厳しく指定されていまして、禁止されている農薬や化学肥料を2年間使っていない畑で栽培された証です。

基準が厳格な為、全国でもほんの一握りの生産者しかいません。


ですので通常のベジタブルや果物よりも価格が高いのです。それでも注目されているのは、やはり身体の為やアレルギー体質の方や小さいお子さんの健康を思っての事かと思われます。

生産者側も無農薬や有機栽培の意識が高まっています。
少数ながらも、オーガニックへの意識が浸透してきているのでしょう。

ベジタリアンやビ―ガンの方も増えてきました。

健康への意識の向上が日本でも高まってきています。