債務整理にはどんな方法がある?4つの簡単な特徴

バナー

債務整理にはどんな方法がある?4つの簡単な特徴

キャッシングなど、金融会社から借金をして、それが返せなくなるという話はよく聞きますが、それが度を越えてしまうと、債務整理をするしかなくなってしまいます。


これはある種の最終手段になりますが、できるだけ避けたほうが良いですが、どうしてもの場合は仕方ありません。

OKWaveについての情報を簡単に探すことができます。

債務整理というのはいくつかの手段に分かれており、メジャーなのは任意整理と自己破産でしょうか。
任意整理は、裁判所がかかわらないで、借金をしている人と金融会社とが和解によって、借金を減額していく方法になります。


間に弁護士などが入ることが多く、彼らがサポートしていくのです。


自己破産は借金自体を帳消しにしてしまうもので、裁判所が関与してきます。
最低限の財産は残して、後は換金をして借金の返済に充てますが、それがなされると、借金自体は消えます。



借金を返済しなくても良いですが、その後借金をするのが一定期間はほぼ不可能になります。

債務整理のの特別な情報を載せています。

他にも方法はあって、特定調停は、任意整理と似ていますが、弁護士の代わりに簡易裁判所にいる調停委員という方が間に入る形になります。
そして、最後に民事再生ですが、これは借金を減額する手段ですが、借金の総額のうち5分の1と100万円を比べて、どちらが多いか。

多い方を今後返済すべき借金として、減額することができるのです。

以上が債務整理の方法になります。借金の総額や返済可能性によって、どれを選ぶべきか。


変わってきますから、人生を決める一大事ですので、慎重になって決めましょう。