マンション投資のリスク情報を活用しよう

投資信託を始めているのですが、最初は1000円からのミニ投信、それから徐々に投資額を増やして今は1万円です。


2銘柄に投資しているのですが、間を置いて投資する時間分散でリスクを抑えました。
これからも少しずつ投資額を増やしていこうと思っているのですが、投資信託に限らず、資産運用は時間と地域、投資対象などを分散してリスクヘッジすることが大事だと思います。

近ごろ、投資信託の販売にあたって金融庁からリスク説明をしっかり行うことの通達が出されていましたが、これもリスクに対する考え方の周知の一つですね。


資産運用であっても、必ず利益が出るものではないこと。
この点は投資信託に限らず、資産の運用では大事な面です。
投資信託の魅力は投資対象と地域の広さが魅力です。

世界の経済成長地域のファンドを買うことができる点も魅力です。経済成長している国・地域では資金調達のために債券などを発行するですが、これがファンド。
これに成長と将来のリターンを期待して投資する金融商品と言ってもいいでしょう。


運用にあたってはファンドマネージャーが運用し、月々1000あるいは1万円単位という少額から貯金感覚で積み立てることができる商品です。


購入先は証券会社か、銀行で。

銀行の場合は厳選された、おすすめの商品を紹介するケースが多いのですが、証券会社では多種類の商品を揃えているところも多いです。
選び方としては口コミや購入実績、毎月リターンが分配されるものかどうかもポイントに。


預貯金とのバランスを考えて、一部を回す方法がベストです。投資信託には様々な商品がありますが、債券中心、株式中心、あるいは投資対象が国内から海外、あるいは不動産投資などによって掛かるリスクも様々です。

リスクを減らして安全志向に運用するか、それとも好利回りを期待して少々リスクのある商品で運用するか。

ペイオフ対象にならない金融商品なので、資産における投資配分を考えながら進めると良いと思います。

http://www.tse.or.jp/glossary/gloss_h/hu_hudousan.html
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1466.htm
http://matome.naver.jp/odai/2141275166754055501